a-bound’s diary

水族館巡りが生きがいの男性のブログ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本産魚類検索第3版 全種の同定 [ 中坊徹次 ]
価格:38500円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)


アクアテラス錦ヶ丘


宮城県にある水族館。

宮城県と聞けば、みんな「うみの杜水族館」を思い浮かべると思われるが、

車で1時間以内の場所に、アクアテラス錦ヶ丘という施設もある。

 

f:id:a-bound:20200508090552j:plain

錦ヶ丘ヒルサイドモールという総合ショッピングモールの中にある。

総合ショッピングモールは古めかしい感じがしていた。

そこの一画にある。

 

f:id:a-bound:20200508090602j:plain

 

訪問したのは12月なので内装はクリスマス
 

 

入ると顔はめパネルが。

 

f:id:a-bound:20200508090614j:plain

 

誰??

受付の人やん!!

写真はないので、実際に行って確かめてください。。

(後で調べたところ、ピンクのゆ〜じさんという方で、アクアテラス錦ヶ丘のキャラクターをされている方の様でした)

 

チケットを買って早速入場。

 

まずはタッチプール。

 

f:id:a-bound:20200508090631j:plain

 

ガラルファが沢山。他では有料で体験できる所もありますが、ここは無料でした。

 

奥には閉ざされた入り口(自動ドア)が。

 

f:id:a-bound:20200508090652j:plain

 

入ると、大きな水槽あり。

 

f:id:a-bound:20200508090657j:plain


 

f:id:a-bound:20200508090711j:plain

 

いきなり大きな水槽が見えるので、圧巻される。

(他の水族館と比べると、それほどおおきな水槽ではないけど、扉が開いていきなり現れるので、実物以上に大きく感じた。)

 

他に、小さな水槽に熱帯魚と爬虫類の展示あり。

 

f:id:a-bound:20200508091955j:plain

 

f:id:a-bound:20200508091646j:plain

 

f:id:a-bound:20200508091713j:plain

 

f:id:a-bound:20200508091704j:plain

 

嫌いな人は迂回できます。

 

 

奥に進むと七色にライトアップされた水槽や額縁に彩られた水槽あり。

 

f:id:a-bound:20200508090902j:plain

 

f:id:a-bound:20200508090931j:plain

 

f:id:a-bound:20200508090925j:plain

 

ライトアップされたプール(池)に錦鯉が。

 

f:id:a-bound:20200508090940j:plain

 

向かい側にはカフェレストランがあり。

 

f:id:a-bound:20200508090951j:plain

 

写真を撮ると、インスタ映えしそうな感じ。

 

f:id:a-bound:20200508091004j:plain

 

出口には、熱帯魚の販売あり。

 

ざっくり言うと、アクアパーク品川の下位互換な感じがした。

 

魚の解説等はほとんどなく、

魚をみるというよりは水槽全体を作品としてみる感じ。

魚が好きな人だと物足りない感じが強いが、、

 

ショッピングモールの一画にある水族館であるし、ライトユーザー向けで、

 

これはこれで良いのではないかと思った。

 

 

 

 

 

アクアマリンいなわしろカワセミ水族

福島と言えば、アクアマリンふくしまが思いつくと思われるが、

県内にもう一つ水族館がある。

 

f:id:a-bound:20200506085904j:plain

 

ここ、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館

猪苗代湖のほとりにある水族館である。

今回は2月の訪問でしたが、雪が積ってなかったです。

 

f:id:a-bound:20200506085938j:plain

 

雪玉投げのアトラクション?看板が寂しく佇んでおりました。

 

施設に入ると、さらに奥に行く扉が、、、

 

f:id:a-bound:20200506091216j:plain





 

冬だと相当寒いラシイ。。

 

その横にはカワウソ展示あり。

f:id:a-bound:20200506091005j:plain

f:id:a-bound:20200506090947j:plain

まだ寝ているようです。

 

2階には子供用の遊技スペースも。

 

f:id:a-bound:20200506090844j:plain

 

先程の扉を進み、別の建物に入ると水槽展示がある。

 

f:id:a-bound:20200506091113j:plain

 

展示のメインは淡水魚

外来生物

 

f:id:a-bound:20200506091126j:plain

 

 

f:id:a-bound:20200506092330j:plain

 

f:id:a-bound:20200506092541j:plain

 

f:id:a-bound:20200506092528j:plain

 

f:id:a-bound:20200506093145j:plain

 

ほか、水中の昆虫やカエルの展示が1/3程ある。

 

f:id:a-bound:20200506091451j:plain

 

冬虫夏草の展示

 

f:id:a-bound:20200506091441j:plain

 

 

f:id:a-bound:20200506091554j:plain

 

世代的には冬虫夏草と言えばポケモンを思い出したけど、

そんなに可愛いものではなかったです。

 

階段状の水槽あり。

 

f:id:a-bound:20200506091730j:plain

 

残念ながら、ここの展示はほとんど準備中でした。

 

 

f:id:a-bound:20200506091809j:plain

 

カワセミ(上手に写せてない。。)

 

磐梯山の麓にある水族館だけに、淡水魚+水中昆虫メインの水族館。

さかなの展示水槽はそれほど多くはないので、アクアマリンふくしまと同程度と期待して行くと、すこしガッカリするかも。。

個人的には淡水魚が好きなので十分ですが。

 

あ、意外と関連グッズが多めでした。

 

f:id:a-bound:20200506090824j:plain