a-bound’s diary

水族館巡りが生きがいの男性のブログ

もぐらんぴあ

昨年のゴールデンウィークに青森に行く前に岩手にもよりました。

岩手の水族館はここ。あまちゃんで有名になった久慈にある水族館です。

 

f:id:a-bound:20190415191623j:plain 

 

f:id:a-bound:20190415191706j:plain

 

東北大震災で一度閉鎖され、まちなか水族館に移り、

その後、再オープンとなりました。

 

珍しい、地下にある水族館です。

石油文化ホールという展示の奥に水族館があります。

 

f:id:a-bound:20190415192352j:plain

 

さかなクンさん推しの水族館。

(まちなか水族館の時から、さかなクンさん提供の魚の展示があった。)

 

f:id:a-bound:20190415191924j:plain

 

大水槽ではあまちゃんの衣装で餌やりのショーがあります。

 

f:id:a-bound:20190415191824j:plain

 

 

もぐらんぴあで有名なカメ。

震災を生き残つた亀、、、カメ吉。

(青森のマリエントに避難していたそうです。)

 

f:id:a-bound:20190415192042j:plain

 

小さな水族館ですが、

タッチプールや、ドーナツ水槽、深海魚展示等色々展示があります。

 

タッチプール

f:id:a-bound:20190415195109j:plain

 

手を入れると魚がよってきます。

東海大学海洋博物館にもこんな水槽あった記憶が)

f:id:a-bound:20190415195049j:plain

トンネル水槽

f:id:a-bound:20190415192622j:plain

(後でわかったのですが、このトンネル水槽はかの中村元先生のプロデュースみたいです。手前の方にダイバーの模型等ありました。撮影する方向を間違えた。。)

 

奥にはクラゲ水槽が。

f:id:a-bound:20190415192643j:plain

深海魚展示

f:id:a-bound:20190415195135j:plain

建物の4Fには、さかなクンさん展示スペースもあり。

f:id:a-bound:20190415192221j:plain

f:id:a-bound:20190415195150j:plain

 

営業時間 9時〜18時(4〜10月)、10時〜16時(11〜2月)

 

春〜秋までは遅くまで開いていますが、冬は開館時間が短くなるので注意です。

 

以上、もぐらんぴあでした。

八戸市水産科学館マリエント

昨年のゴールデンウイークの休みを使っての青森遠征をしてきました。

まずは、八戸にあるここ。

 

f:id:a-bound:20190414141622j:plain

 

いわゆる水族館というよりは、科学館に魚の生体展示があるといった施設。

観光名所である、撫島神社の奥にありました。

 

意外と水槽は多め、大水槽もあり。

f:id:a-bound:20190414141800j:plain

 

しかし、展示は国外の魚を押し出している。

(ホームページでは地元の魚が紹介されているが。。)

子供が多いので、その方がウケが良いのか?

f:id:a-bound:20190414142459j:plain

 

わかりにくいですが、奥がうみねこの巣の様になっています。

f:id:a-bound:20190414142721j:plain

f:id:a-bound:20190414142424j:plain

思ったより展示が多くでびっくり。

 

もちろん八戸の魚もいましたよ。

f:id:a-bound:20190414142546j:plain

 

イカパラダイスという大型のイカの中にも展示が。

f:id:a-bound:20190414143426j:plain

 

うまく撮れていませんが、イカパラダイスの横です。

f:id:a-bound:20190414143841j:plain

f:id:a-bound:20190414143911j:plain


奥には探査船の展示が。「ちきゅう」という名前との事

f:id:a-bound:20190414144221j:plain


 

f:id:a-bound:20190414144227j:plain

かなり充実した展示でした。

 

外の眺めです。

f:id:a-bound:20190414141856j:plain 

 

営業時間:6〜8月 9時〜18時、それ以外 9時〜17時

     期間限定で19時までのオープンもある樣です

 

水族館と名前はついていませんが、生物展示はそれなりでみる価値ありと思います。

入場料も大人300円とお手軽です。

 

以上、マリエントでした。

京都水族館

本日の水族館はここ。

 

f:id:a-bound:20190413071518j:plain

 

そうここ。

 

f:id:a-bound:20190413071625j:plain

 

京都水族館です。

京都駅から、徒歩15分のアクセス抜群好立地の水族館です。

前にも書きましたが、水族館というものは海辺にあるものですが、

この水族館は、街中しかも、新幹線降りてすぐ!に行ける水族館です。

(新幹線の駅から一番近いのはエプソンアクアパーク品川で、京都水族館は2番目に近いです。多分。駅降りて一番近いのはサンピアザ水族館ですかね。笑)

 

いわゆる都市型水族館で、デートにはぴったし。

綺麗だし、大水槽あるし、ペンギンいるし、イルカのショーあるし。

 

綺麗!

f:id:a-bound:20190413071826j:plain

 

大水槽!

f:id:a-bound:20190413110457j:plain

 

ペンギン!

f:id:a-bound:20190413110606j:plain

 

イルカのショー!

f:id:a-bound:20190413110330j:plain

 

この水族館で撮影しなければいけない写真があります。

これはこれ。(わかります?)

 

f:id:a-bound:20190413110210j:plain

 

そう。イルカのショーの後ろで新幹線が通過します。

イルカのショーと新幹線が一緒にも見られるのはここだけ。

男の子大喜び。違うか。笑

 

個人的には、川魚の絶滅危惧種の水槽が綺麗に展示されているのが良いです。

 

f:id:a-bound:20190413072359j:plain

おすすめ水槽はこれ!

オヤニラミは可愛いですな。

 

魚全体の展示は少ないですが、都市型であり、他展示も踏まえると、入場料も妥当ではないでしょうか。(京都なので、他にも観光しないといけないですしね。)

 

営業時間:10時〜18時

 

9時オープンではないので注意が必要

以上、京都水族館でした。

池袋サンシャイン水族館

そもそも、水族館巡りをはじめて約5年

この水族館からであった。

 

 

まずは、ここ

 

f:id:a-bound:20190412210055j:plain

 

いや、わからんか。(わかったあなたは上級者ですよ!)

 

 

そう、サンシャイン水族館です。

池袋という都会のビルの上にあるという水族館です。

(普通の水族館はだいたい海辺にあるものです。)

 

メインの水槽はここ。

水槽の形と背景の色を工夫することで、より大きな水槽に見せています。

f:id:a-bound:20190412205220j:plain(わかる人にはわかるレアな画像です)

 

しかし、2017年にリニューアルされ、今のメインはここに。

f:id:a-bound:20190412205400j:plain

天空のペンギンです。

餌の時間以外は陸に上がっていて、あまり見れない事も。。

狙いは餌の時間です。

 

 

いつでも混んでる水族館ですね。

 

夏時間は10:00~21:00

冬時間は10:00~18:00

と営業時間が異なります。

閉館間際の水族館は空いてて良いです。(この日は19時以降の入館でした。)

f:id:a-bound:20190412205450j:plain

人もペンギンもいない水槽です。 

 19時以降は、ペンギン展示はなくなるので、注意が必要です。

 

 

他、水槽の画像を少々

 

 

f:id:a-bound:20190412205522j:plain

この水槽が個人的には一番好きです。

 

第一回目は池袋サンシャイン水族館でした。

 

 

 

初投稿

水族館巡りが趣味のアラサーおじさんのブログです。

これまで、100館以上訪問しています!

 

これまでは、チケットの半券やパンフレットと保管したり、写真を保存したりとしてましたが、数が多くなると記憶から薄れるものも。。。

そこで、ブロク形式にして記録を残すことにしてみました。

(あくまでも個人的な意見もあるのであしからず。)

 

これから巡る施設や、これまで巡った施設の記録を残していきます。