a-bound’s diary

水族館巡りが生きがいの男性のブログ


こみなと水族館

f:id:a-bound:20190429200233j:plain
 

またの名前を千葉大学海洋バイオシステム研究センター水族館

大学の研究センター付属の水族館です。

土日はオープンしているので、休日しか休めない人にとって優しい水族館

(前回訪問時は、定期休館日ではないハズなのに閉まっていたので、今回は事前に電話で開館している事を確認しました。)

 

アクセスは

安房小湊駅から徒歩10分程度か、

もしくは、最寄りのバス停である寄浦で下車するかがオススメ

(私はそうしました。)

 

ここが入り口です。

 

f:id:a-bound:20190429200224j:plain

 

施設まではやや歩きます。

 

f:id:a-bound:20190429200227j:plain

 

f:id:a-bound:20190429200233j:plain

 

入り口は開いており、入場者は入り口の名簿に名前を書くスタイル。

一つ前の方は、、、1週間前に来てました。

(福山大学マリンバイオセンター水族館みたいな感じです。募金箱はありませんでしたが、、笑)

 

展示はここ(のみ)。

 

f:id:a-bound:20190429200437j:plain

 

f:id:a-bound:20190429201006j:plain


 房総海の魚の展示です。

 

f:id:a-bound:20190429201226j:plain

f:id:a-bound:20190429201235j:plain

f:id:a-bound:20190429201239j:plain

 

生物展示ではない部屋も一部屋ありました。

 

f:id:a-bound:20190429200808j:plain

 

展示もお世辞にも充実しているとは言えないし、

近くには鴨川シーワールドがあるけど、

気が向いた方がいたらどうぞ。

 

近くにトンネル水族館もありました。

(トンネルの中に魚のペイントがしてあります。)

 

f:id:a-bound:20190429201057j:plain

 

f:id:a-bound:20190429201107j:plain

 

営業時間:10時〜16時

埼玉川の博物館

今回は埼玉にあるこの施設。

 

f:id:a-bound:20190429184335j:plain

 

東急東上線で北上すると鉢形駅があります。

 

f:id:a-bound:20190429184238j:plain

 

徒歩で20分程で川の博物館がある。

 

大きな水車が有名(訪問時は工事中、2020年に改築?)だそう。

 

f:id:a-bound:20190429184831j:plain

 

施設内には荒川の源流から河口までの巨大なジオラマあり。

 

f:id:a-bound:20190429185559j:plain

f:id:a-bound:20190429185606j:plain

 

上流から下流まで歩くといい運動になります。

 

施設に入ると、職員さんが気を利かせて話かけてくる。

一人で訪問しているので、そっとしてほしい気もするが、、

展示は充実してました。

 

f:id:a-bound:20190429185341j:plain

 

水槽は施設の端にありました。

 

f:id:a-bound:20190429185848j:plain

 

中に入ると、早速水槽が。

 

f:id:a-bound:20190429184215j:plain

 

大きな水槽、人工の滝もある。

 

f:id:a-bound:20190429184224j:plain

f:id:a-bound:20190429185306j:plain

 

展示は川魚がメイン。

 

f:id:a-bound:20190429185443j:plain

f:id:a-bound:20190429190602j:plain

f:id:a-bound:20190429190617j:plain

f:id:a-bound:20190429190610j:plain

f:id:a-bound:20190429190617j:plain



 

f:id:a-bound:20190429190509j:plain

 

他には軽いアトラクション的なものもあった。

 

f:id:a-bound:20190429190005j:plain

 

荒川の博物館+魚の展示という感じかな。

とにかく、荒川のジオラマの大きさがすごかった。