a-bound’s diary

水族館巡りが生きがいの男性のブログ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本産魚類検索第3版 全種の同定 [ 中坊徹次 ]
価格:38500円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)


上越市立水族博物館 うみがたり

新潟県の上越市にある水族館。

もともとは上越市立水族館があった場所のすぐ近くに2018年6月にできました。

 

f:id:a-bound:20190911180850j:plain

 

ずっと行きたかったけど、なかなかタイミングが合わず行けずじまい。

最寄りの直江津の駅に早速水槽あり。

 

f:id:a-bound:20190911180739j:plain

 

外観はすっかり変わっており、きれい(←小並感)

 

f:id:a-bound:20190911181121j:plain

f:id:a-bound:20190911181207j:plain

 

まずは最上階に上がり、そこから下りてくるパターンの展示。

 

f:id:a-bound:20190911181254j:plain

 

プールと海がつながっているのがとてもよい。

 

f:id:a-bound:20190911181043j:plain

 

はじめはわからなかったけど、よく見たら佐渡島で、新潟県の形になっている。

 

f:id:a-bound:20190911181425j:plain

 

イルカプールも同じ感じで海とつながっている。

 

f:id:a-bound:20190911180953j:plain

 

海の中道水族館みたいな感じ。

しかも、下も観察できるスペースあり。

 

f:id:a-bound:20190911183451j:plain

 

シロイルカも展示されています。

 

f:id:a-bound:20190911182133j:plain

 

f:id:a-bound:20190911182613j:plain

 

新潟県の形の場所は大水槽の上であった。

日本海の魚とともに、大水槽をチラ見できる。

f:id:a-bound:20190911181902j:plain

 

f:id:a-bound:20190911181350j:plain

 

天気も良かったので、上からの光が入って幻想的でした。

 

新潟近海の地形をそのまま水槽に反映しているとのこと。

奥行きもかなりあり、見ごたえあり。

トンネルで大水槽をしたからも観察できる。

 

f:id:a-bound:20190911181709j:plain

f:id:a-bound:20190911181632j:plain

 

水槽のアクリルの厚さの模型がないのは残念。

 

f:id:a-bound:20190911183333j:plain

 

いろんな方向から水槽を見れました。

 

トンネルを抜けるとプロジェクションマッピングあり。

 

f:id:a-bound:20190911182702j:plain

f:id:a-bound:20190911182716j:plain

四季を表しているみたいです。

 

淡水魚ゾーン

f:id:a-bound:20190911181730j:plain

 

f:id:a-bound:20190911184345j:plain

 

イカタコゾーン

 

f:id:a-bound:20190911181956j:plain

 

アオリイカが青いライトで展示されていて、幻想的に見えました。

 

深海魚ゾーン

 

f:id:a-bound:20190911183413j:plain

 

うまく撮影できませんでした。。

 

クラゲゾーン

一時話題になったアカクラゲの説明展示ありました。

 

f:id:a-bound:20190911182054j:plain

 

ペンギンゾーン

 

f:id:a-bound:20190911183216j:plain

f:id:a-bound:20190911183136j:plain


魚の種類的には多くはないけれど、展示が工夫されており、見応えあり。

水槽のガラスがとてもきれいでした。

 

f:id:a-bound:20190911183940j:plain

 

 

新潟の海底に特化した水族館だろうか。

 

おまけ

まちなか水族館というものがあるとの事で、少し回って見たけど、、、、

 

f:id:a-bound:20190911180834j:plain

 

小中学校や、休日やっていない銀行だったり、個人商店だったりと、

休日しか訪問できない人(+人見知り)にとっては無理すぎる。

 

しかも、小さい水槽に一種類の魚(ペンギンテトラ)だけって、、

 

f:id:a-bound:20190911182828j:plain



個人的には全部回るの諦めました。

新屋島水族館

香川県にある水族館

 

f:id:a-bound:20190825194548j:plain

 

アメリカマナティーが有名なところ。

 

f:id:a-bound:20190825193942j:plain

 

最近、攻めたショーをやっている事を聞きつけ訪問

(本当はその付近を旅行したから。)

 

時間の都合で閉園間際の入館となりました。

最終のショーの時間は16時から、、、

 

f:id:a-bound:20190825193739j:plain

 

少し過ぎたけど、ショーは見れました。

 

f:id:a-bound:20190825193732j:plain

 

なんと、お目当のショーは開催日が限定されている様子。

劇ライブショーという名前で休日開催みたいです。

 

f:id:a-bound:20190825193822j:plain

 

平日の夕方に訪問したので、この日は普通のショーでした。

 

その後は、館内を見て行きます。

平日+閉館間際のゴールデンタイム。

入館する人が少なくなり、

さらにどんどん人が帰っていくので、水槽を独り占めできます。

 

入ってすぐの巨大アマゾン水槽

 

f:id:a-bound:20190825194507j:plain

 

そして、アメリカンマナティー

 

f:id:a-bound:20190825194015j:plain

f:id:a-bound:20190825194028j:plain

 

インスタ映えしそうな水槽の展示も。

f:id:a-bound:20190825193957j:plain

f:id:a-bound:20190825194045j:plain

 

近海の水槽展示

 

f:id:a-bound:20190825194114j:plain

f:id:a-bound:20190828192305j:plain

 

クラゲ展示

 

f:id:a-bound:20190825194233j:plain

 

f:id:a-bound:20190825194128j:plain

 

淡水生物の展示ゾーン

f:id:a-bound:20190828192403j:plain

 

f:id:a-bound:20190828192423j:plain

 

オヤニラミ発見

f:id:a-bound:20190825194428j:plain

 

うまく撮影できなかった。。

 

f:id:a-bound:20190825194350j:plain

 

ペンギンやカワウソの展示もありました。

 

f:id:a-bound:20190828192100j:plain

f:id:a-bound:20190828192110j:plain

 

アクアン博士という面白そうな人がいました。

以前来た時はいなかったと思ったんだがなあ。

 

f:id:a-bound:20190825194302j:plain

 

今度はショーの時間を確認してから行こうと思います。