a-bound’s diary

水族館巡りが生きがいの男性のブログ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本産魚類検索第3版 全種の同定 [ 中坊徹次 ]
価格:38500円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)


もぐらんぴあ

昨年のゴールデンウィークに青森に行く前に岩手にもよりました。

岩手の水族館はここ。あまちゃんで有名になった久慈にある水族館です。

 

f:id:a-bound:20190415191623j:plain 

 

f:id:a-bound:20190415191706j:plain

 

東北大震災で一度閉鎖され、まちなか水族館に移り、

その後、再オープンとなりました。

 

珍しい、地下にある水族館です。

石油文化ホールという展示の奥に水族館があります。

 

f:id:a-bound:20190415192352j:plain

 

さかなクンさん推しの水族館。

(まちなか水族館の時から、さかなクンさん提供の魚の展示があった。)

 

f:id:a-bound:20190415191924j:plain

 

大水槽ではあまちゃんの衣装で餌やりのショーがあります。

 

f:id:a-bound:20190415191824j:plain

 

 

もぐらんぴあで有名なカメ。

震災を生き残つた亀、、、カメ吉。

(青森のマリエントに避難していたそうです。)

 

f:id:a-bound:20190415192042j:plain

 

小さな水族館ですが、

タッチプールや、ドーナツ水槽、深海魚展示等色々展示があります。

 

タッチプール

f:id:a-bound:20190415195109j:plain

 

手を入れると魚がよってきます。

東海大学海洋博物館にもこんな水槽あった記憶が)

f:id:a-bound:20190415195049j:plain

トンネル水槽

f:id:a-bound:20190415192622j:plain

(後でわかったのですが、このトンネル水槽はかの中村元先生のプロデュースみたいです。手前の方にダイバーの模型等ありました。撮影する方向を間違えた。。)

 

奥にはクラゲ水槽が。

f:id:a-bound:20190415192643j:plain

深海魚展示

f:id:a-bound:20190415195135j:plain

建物の4Fには、さかなクンさん展示スペースもあり。

f:id:a-bound:20190415192221j:plain

f:id:a-bound:20190415195150j:plain

 

営業時間 9時〜18時(4〜10月)、10時〜16時(11〜2月)

 

春〜秋までは遅くまで開いていますが、冬は開館時間が短くなるので注意です。

 

以上、もぐらんぴあでした。