a-bound’s diary

水族館巡りが生きがいの男性のブログ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本産魚類検索第3版 全種の同定 [ 中坊徹次 ]
価格:38500円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)


こみなと水族館

f:id:a-bound:20190429200233j:plain
 

またの名前を千葉大学海洋バイオシステム研究センター水族館

大学の研究センター付属の水族館です。

土日はオープンしているので、休日しか休めない人にとって優しい水族館

(前回訪問時は、定期休館日ではないハズなのに閉まっていたので、今回は事前に電話で開館している事を確認しました。)

 

アクセスは

安房小湊駅から徒歩10分程度か、

もしくは、最寄りのバス停である寄浦で下車するかがオススメ

(私はそうしました。)

 

ここが入り口です。

 

f:id:a-bound:20190429200224j:plain

 

施設まではやや歩きます。

 

f:id:a-bound:20190429200227j:plain

 

f:id:a-bound:20190429200233j:plain

 

入り口は開いており、入場者は入り口の名簿に名前を書くスタイル。

一つ前の方は、、、1週間前に来てました。

(福山大学マリンバイオセンター水族館みたいな感じです。募金箱はありませんでしたが、、笑)

 

展示はここ(のみ)。

 

f:id:a-bound:20190429200437j:plain

 

f:id:a-bound:20190429201006j:plain


 房総海の魚の展示です。

 

f:id:a-bound:20190429201226j:plain

f:id:a-bound:20190429201235j:plain

f:id:a-bound:20190429201239j:plain

 

生物展示ではない部屋も一部屋ありました。

 

f:id:a-bound:20190429200808j:plain

 

展示もお世辞にも充実しているとは言えないし、

近くには鴨川シーワールドがあるけど、

気が向いた方がいたらどうぞ。

 

近くにトンネル水族館もありました。

(トンネルの中に魚のペイントがしてあります。)

 

f:id:a-bound:20190429201057j:plain

 

f:id:a-bound:20190429201107j:plain

 

営業時間:10時〜16時